登山初心者が知っておくべき知識!

登山計画書と山岳保険は準備しておこう!

登山計画書と山岳保険は準備しておこう!

 

 

 

 

 

 

 

連休や季節の節目には、必ずと言っていいほど、
遭難救援のニュースが流れる時代となってきた。

 

 

 

テレビで見ている分には普通に見えるが、
ヘリコプターが、1時間飛ぶと、その経費は少なくとも、
50万円は必要となり、多い時は、数100万円だ。

 

 

 

民間のレスキュ―部隊が出動すれば、
その人件費もかかる。

 

 

 

警察や防災のヘリコプターが無料だからと、
遭難している本人が指名するという、
恥知らずなケースもあった。

 

 

 

安易な救助要請を行ったことで、
本当に必要な人達に救助の手が差し伸べられなかったら、
誰がどう責任をとるのだろうか。

 

 

 

こういった事態を避けるために、登山する人達は、
必ず、『登山計画書』 を制作しておくようにしよう。

 

 

 

書き方は決まりはないが、詳細な予定コースと、
装備状況は必須だろう。

 

 

 

誰にも告げずに遭難しても、
探すどころか遭難したことさえ、分からない。

 

 

 

それで携帯が通じるからといって、自分勝手に、
救助ヘリを呼ぶのは、身勝手にも程がある。

 

 

 

居場所を知らせておくのは、
登山者の義務だと肝に銘じよう。

 

 

 

また、山岳保険に加入しておけばヘ、
リコプターの費用を心配する必要がない。

 

 

 

年間加入でも1万円前後で済むので、
チェックしておこう。

 

 

 

どんなに万全な計画を立てても、
山での事故やトラブルを、完全に防ぐことは不可能だ。

 

 

 

それは日常生活でも同じことである。

 

 

 

山岳保険だけでなく、ハイキング保険など、
保険会社や山岳団体ごとに、様々なプランが豊富にある。

 

 

 

自分の登山スタイルに合った保険を選び、そして、
なるべく保険に頼らず、安全で安心できる登山を心がけよう。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ